since  2004/01/09
更新日 2010/12/21


こちらは、漫画家・篠原烏童の公式サイトです。


  −ご挨拶−


あっという間に、夏。

今年の夏は本当に厳しいですね。
体の中から煮えるようです。
みなさま、お体大丈夫でしょうか?

先日、取材で六義園に行ったらば、蚊にさされまくり、
いまだに痕が消えない烏童です。しくしく。
はやりの岩崎弥太郎廻り(一時岩崎邸だった)ではなく、
夢幻アンソロジーシリーズ「幻想異界」に連載中の
「生類憐レマント欲ス」に、六義園を造った柳沢吉保が
登場するため(といっても話は、5代将軍徳川綱吉の
御側用人、柳沢吉保がまだ保明という名の頃、六義園が
完成するより前の時代なので、絵的には出てきはしない
のですが、吉保の人物イメージを固める為の)取材です。

それにしても時代物はちょっとした小物の資料を探して
アシさん共々本の山をかき回してぐるぐるし続ける事も
多々。こういう時の所作ってどうなの?とぐらぐらする
事も多々。
多々多々だらけです。

でも、描きたかった時代物。
ぐるぐらも楽しいです。

世界観としては編集さん言う所の「動物シャーマニック
ファンタジー」、徳間書店で描きました「EYED SOUL」
と兄弟本といった感じです。
あ、キャラに連載していたので、「EYED SOUL」を
BOYS LOVEだと思っていらっしゃる方も多いようなの
ですが、それを期待して読んだ方はがあっくりすること
間違いなし、それを期待して買ってしまった方、編集さん
ごめんなさい、な、愛はあるけど恋はない話です。
慎んで自己申告させていただきます。てへ。
すみません。

ですので、逆にBOYSでないなら、と思われた方は
「EYED SOUL」「生類憐レマント欲ス」共にどうぞ
よろしくです。

まだまだ暫く暑そうです。
みなさまもどうぞお体ご自愛ください。


              2010年8月吉日 篠原烏童 拝





◆ お仕事情報 ◆
― 2010年予定雑誌 ―
12月13日 「ネムキ」(朝日新聞社)1月号
    『1/4×1/2 R』
08日 「幻想異界」(祥伝社)
   『生類憐レマント欲ス』
10月13日 「ネムキ」(朝日新聞社)11月号
    『1/4×1/2 R』
9月07日 「幻想異界」(祥伝社)
   『生類憐レマント欲ス』
8月13日 「ネムキ」(朝日新聞社)9月号
    『1/4×1/2 R』
6月13日 「ネムキ」(朝日新聞社)7月号
    『1/4×1/2 R』
8日 「夢幻アンソロジー」(祥伝社)
4月13日 「ネムキ」(朝日新聞社)5月号
    『1/4×1/2 R』
3月07日 「夢幻アンソロジー」(祥伝社)
2月13日 「ネムキ」(朝日新聞社)3月号
    『1/4×1/2 R』
― 単行本情報・発売予定―
2010年 12月10日 「天使の心臓」(秋水社)
9月 7日 「1/4×1/2」4巻(朝日新聞社) 
4月25日 「さようならのかわりに」(双葉社)
1994年に出ました単行本にソノラマで
一本だけ描いたレディース
「BLUE ROSE」を加えた文庫です
2月25日 「Eyed Soul 」(徳間書店)


−ネット配信−

 以前、少年画報社「アワーズガール」(休刊)で数回描きました
ロボット犬ラグの話「天使のしっぽ」現在ラスト部分を描いており
まして、初回から順次ネット配信の後、単行本化の予定です。
配信、出版元などまたお知らせしますので、
どうぞよろしくお願いいたします。

その他、各社ネット配信、 始めているところ、
契約はしてあって配信はこれからのところ、いろいろです。
そのうち、なんとかまとめて項目に、とは思っているのですが、
なにせ更新すらダメダメな私。
お時間のある方は、ちょこっと、その、検索かけてやって
いただけますれば…。

 他力本願でまことに申し訳ありません。
自分でも、まとめるべく努力はしてみます。
   




ご挨拶 既刊紹介 お便り リンク
−つらつら− お詫び しろにゃん
−盲導犬コディ− 自主制作CDについて
アシスタント募集 過去のご挨拶


★ ご注意 ★         
当サイトにおける文章・画像の
無断転載・複製等は、いかなる
場合も固くお断り申し上げます。